梅雨明けの猛暑対策!ネッククーラー比較レビューを見る

ロディApple Watchバンドを実機レビュー!ビジネスにもカジュアルにも合う高級皮革製

今回は、高級皮革、ロディを使ったApple Watchバンドをレビューします。

約70年の老舗時計ベルトメーカー・MIMOSA(ミモザ)によるカスタムメイドブランド『Manetta di mela』が手掛けており、今までのApple Watchバンドを凌駕するほどの質感を実現しています。

たいしょん

他の人より1ランク上のバンドを使ってみたい方は、ぜひご覧ください!

\ 高級メゾンでも御用達の、マットな風合い。魅力的なシボで、Apple Watchに洒落感を。 /

PR:この記事はA8.netレビュー募集プログラム経由で「Mens Leather Store様」からご提供頂いた製品です。

タップできるもくじ

「ロディApple Watchバンド」の特徴・スペック

まず、ロディApple Watchバンドのスペックを紹介します。

Apple Watchのケースサイズについて・Apple Watch Ultra 1&2(49mm)
・Apple Watch 7~9(41mm・45mm)
・Apple Watch 4~6(40mm・44mm)
・Apple Watch 1~3(38mm・42mm)
・Apple Watch SE 1・2(40mm・44mm)

※Apple Watchのケースサイズは、本体の裏側に表記されていますので、お使いのApple Watchをご確認いただき、「38/40/41=38-41」もしくは「42/44/45/49=42-49」のどちらかをお選びください。
腕周りのサイズ(推奨)【38-41用】160-180mm
【42-49用】165-185mm
※革の厚みや硬さ、骨格などにより多少前後します。
素材表革:ロディ・テンペスティ社(イタリア)
裏革:ナチュラルカーフ or ラバーカーフ
生産日本製
価格19,800円
スペック表

重さは、42-49用で16.64gでした。

たいしょん

次は主な特徴を紹介していきますね!

世界的に人気の高い表革と、2種類ラインナップした裏革。

表革には、銀面にシボの型押しを施した、イタリア・テンペスティ社による植物性タンニン鞣し牛革「ロディ」を採用。使い込むことにより、味のあるエイジングの美しさで魅了していく、人気の高級皮革です。さらに、程よい肉盛り仕上げの立体感により、さりげない存在感を演出しながら、丁寧なステッチを施すことで、エレガントな大人感も創出。また、裏革として、上質なカーフスキンにラバー加工と防水機能を施したマットブラックの「ラバーカーフ」と、加工を施さずに革本来の天然無垢な「ナチュラルカーフ」の2種類をラインナップし、異なるマテリアルから選ぶことが可能です。

自分仕様でセレクトオーダーして、腕周りに特別感を演出。

シボの味わいとマットな風合いが洒落感を奏でる表革「ロディ」は、6色から選んで受注生産にてオーダーできます。アダプター&尾鍵は、Silver・Gold・Black・Rose Goldの4カラーをラインナップし、表革との組み合わせによるカラーリングを楽しみながらセレクトできます。さらに、Apple Watchのケースサイズは、腕周りのサイズに合わせて、2種類から選ぶことが可能。裏革の2種類からの選択も含めて、自分の好みでカラーや仕様を決められます。48通りの自分オリジナルのバンドが作れるので、愛着が湧きますね。

熟練の職人技を凝縮させた、時計バンドの新たな可能性。

時計ベルトメーカー・MIMOSA(ミモザ)によるカスタムメイドブランド『Manetta di mela』のアップルウォッチ専用バンドは、腕周りを魅力的に飾るのに最適なアイテム。純正バンドのクオリティが高いアップルウォッチにおいても、バンドを交換するだけで時計の印象が変わり、ファッションアイテムとしての楽しさが広がります。約70年もの間、業界の老舗として蓄積してきた技術とノウハウを注ぎ込んだ、熟練の職人技を駆使する入念な手作による仕立てを実現。特に、革の時計バンドは、小さなフォルムの部位ごとに異なる厚みなどを考慮しながら、さまざまな高度な技術を凝縮させて製作しています。

名だたるタンナーが数多く集まるイタリア・トスカーナ地方において、植物タンニン鞣しの生誕地と言われるサンタクローチェ地区にある、1946年創業のタンナー・テンペスティ社(TEMPESTI)による人気の「ロディ」。長年に渡ってラグジュアリーブランドなどにレザーを提供し、審査基準が厳格なイタリア・ベジタブルタンニンレザー組合にも加盟している老舗のなかでも最も有名な「エルバマット」は、昔ながらのバケッタ製法により、加脂工程に牛脂を用いて水分を一切使わずに鞣されますが、「ロディ」は、さらに細かいシボの型押しを施すことで生み出されています。この上ないカジュアル感とともに、落ち着きのある独特なエレガントさも魅力。革本来のしなやかさがじっかり伝わり、味わいあるエイジングも期待できる、時計バンドに適した素材です。

「ロディApple Watchバンド」の開封・外観レビュー

開封

では、早速開封していきましょう。こちらの化粧ケース、ブラック好きの僕にはかなりビビッときました。シンプルなのですがManetta di melaのロゴが高級感を演出してくれます。このままリボンなど装飾すれば、プレゼントにもぴったりですね。

箱を開けると、白い不織布に包まれた状態で入っていました。説明書や余計な紙は入っていないので、かなりスッキリとした梱包です。

外観

ロディApple Watchバンド、今回は表面がCuoio、裏面がナチュラルカーフ、アダプター&尾錠はゴールドを提供いただきました。世界的にも人気が高く、一流メゾンにも使われている高級皮革「ロディ」が使われているということで、他のApple Watchバンドとは比べ物にならないほどの高い質感です。肉盛り仕上げで、高級財布やバッグに通ずるものがありますね。

ゴールドは若干派手かなと思いましたが、シルバーやブラックよりもカジュアルさが出せるので普段遣いでもおしゃれに決められそうです。

ザラッとした表面にくらべ、裏面はサラッとしています。革本来の天然無垢なナチュラルカーフというだけあって、こちらもかなり高級感がありますね。

Manetta di melaのロゴが刻印されている

「ロディApple Watchバンド」の使用感レビュー

もはや高級時計の貫禄が出てビジネスにも良さそう

ビジネスの現場では、かつて高級腕時計がステータスになっていました。現在はスマートウォッチの普及でビジネスでもカジュアルな時計をつけるのが一般的になりましたが、ロディApple WatchバンドはApple Watchを高級時計に昇華させてくれるほどのポテンシャルを持っているように感じました。

実際にApple Watchに装着してみましたが、めちゃくちゃかっこいいです。ジャケットと合わせるとカジュアルながらロディの高級感がいい感じにマッチしてくれました。アルミとはいえスペースグレーなので、ゴールドの金具との相性もいいです。筐体がシルバーやブルーだとちょっと浮きそうですね。公式サイトでもスペースグレーのApple Watchと合わせていたので、濃いめのバンドを使う場合はスペースグレーが相性良さそうです。

最初は少しバンドが硬め

高級な牛革を使っているだけあって、最初に腕に取り付けるときはかなりバンドが硬めでした。長期間使えば馴染んでくると思いますが。もし早くなじませたい場合はバンドを曲げながらクセをつけていくと早く腕に馴染んでくれますのでお試しください。

こんな感じで最初は曲げながらなじませると使いやすくなりますよ

「ロディApple Watchバンド」のレビューまとめ

ロディApple Watchバンド、実際に使ってみてかなりいいです。

70年の歴史がある老舗時計メーカーが手掛けるApple Watchバンドということで、スティッチの仕上げや革の質感などかなりこだわって作られていることを実感できます。

高級時計は何十万という価格ですが、Apple WatchとロディApple Watchバンドを組み合わせれば10万円以内で高級なスマートウォッチになります。

たいしょん

Apple Watchで高級感を出したい方は、ぜひ一度お試しください!

ロディApple Watchバンド
総合評価
( 5 )
メリット
  • 高級皮革ロディを使ったビジネスにもカジュアルにも合うデザイン
  • 48通りのデザインの組み合わせが選べる
  • 長期間の使用でエージングも期待できる
デメリット
  • 最初はバンドが硬い

\ 高級メゾンでも御用達の、マットな風合い。魅力的なシボで、Apple Watchに洒落感を。 /

公式XやInstagramで
ブログにはない最新ガジェット情報を発信中!
記事への質問もお答えします!

ポチッとシェアをしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ